アドセンス外注化における金額の相場と費用対効果

目安時間:約 6分

お金画像

 

アドセンスを外注化する事に興味はあるけど、金額はどれくらいの相場で費用はいくらぐらいかかるのか。

 

ここが一番気になるところではないでしょうか。

 

今回は私がいつも外注さんを募集する時の金額、またその平均についてお話していきます。

 

ここを知っておくと外注化に対する不安もなくなるかと思います。

 

外注化の金額の相場

支払画像

少し前なら30記事で6000円と言うのが相場でした。

 

最近では外注さんの相場も上がっている状況なので、30記事7000円ぐらいが相場です。

 

私の場合は10記事の募集なら3000円、20記事なら5000円、30記事なら7000円で募集をかけています。

 

まずこれぐらいの金額で設定しておかないと応募が来ません。

 

6000円ぐらいでも応募が来る場合もありますが、他に同じ案件で7000円の募集があった場合そっちの方に流れていってしまいます。

 

最悪の場合、契約まで成立したのにも関わらず断られる事もありますので金額はあまり低くしすぎないようにしましょう。

 

ただ、相手も初心者さんの場合は交渉次第では5000円とか格安での契約も出来る事があります。

 

そのかわり、記事のクオリティが低い、などはある程度の妥協は必要になります。

外注化の費用対効果

効果抜群画像

 

これは、キーワード選定、記事数、記事のクオリティ、記事の更新頻度などにも関わります。

 

それでも、それなりのキーワード選定でそれなりの記事のクオリティで毎日1記事更新して100記事ブログに投降した場合、必ずと言うわけではありませんが3万円は稼げるようになります。

 

100記事と言う事は外注さんに全てお願いした場合、30記事×3回ぐらいなので7000円×3で21000円ぐらいでしょうか。

 

と言う事は実質9000円の稼ぎとなるわけです。

 

ただこれは100記事と想定した金額であり、全て外注さんにお願いした場合です。

 

自分で30記事投降すれば14000円で済むわけですし、60記事書けば7000円で済みます。

 

またキーワード選定次第では5万円以上も十分狙えます。

 

それに100記事と言うのはスタートラインにやっと立った程度なので、スタートはここからだと思っておきましょう。

 

心配しなくても100記事を超えたぐらいからどんどんアクセスも伸びてきますし、3万稼げれば10万円は目と鼻の先です。

 

私の場合は自分でも記事を書きながら外注さんも取り入れ約3ヶ月、150記事で10万円でした。

 

外注さんに書いてもらった記事数は80記事で費用は20000円ほどで済みました。

 

外注さんを取り入れ始めたのが2ヶ月目ぐらいだったのでもっと早く取り入れていれば3ヶ月もかからなかったと思います。

 

まぁそれなりのキーワード選定で、それなりの記事のクオリティで外注さんに300記事7万円で全てお願いしても嫌でもアドセンスなんて10万円ぐらいなら余裕で稼げるでしょうからね。

 

それでも3万円もプラスになるわけです。

 

それに単発で10万円と言うわけではないですし、毎月10万円の収入になるわけですから、その費用対効果は大きいのではないでしょうか。

 

300記事も外注さんに書いてもらえば、あとはあなたが1ヶ月に3,4記事の更新でもさらに稼ぎは伸びていくでしょうから。

 

これは目先の事だけを考えると中々行動に移せないのですが、もっと長い目で考えた時どちらの方が良いか。

 

と言う事に気づくかと思います。

 

外注化を上手く活用出来れば稼ぎ方の幅は広がりますし、これからのアフィリエイト活動ではプラスでしかありません。

終わりに

 

どうでしょうか?

 

どう考えても外注さんを取り入れた方が効率良いですよね。

 

お金が勿体ないから自分で全部やるんだ!と言いながら挫折するよりは早々に外注さんを取り入れるべきだと私は思います。

 

なので明日からでも早速取り入れて、ササッと稼いでしまいましょう。

 

【挫折のしようがないアフィリエイトの稼ぎ方】を
無料メール講座で公開中!!
 
メール講座お申し込みプレゼントではさらに
稼ぎが加速する限定プレゼントをお渡しします。
arw057t

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Yahoo、Gmail、Hotmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ管理人:kan(かん)
カテゴリー
よく読まれている記事
最近の投稿
メタ情報