アドセンスでアクセスを集める記事タイトルの付け方

目安時間:約 10分

前回のお話でアドセンスは、キーワードが全てキーワード次第で記事のクオリティが低くても、文字数が少なくても稼げるようになると言うお話をしました。

 

今回は誤解があるといけないので、アドセンスでアクセスを集めるための記事タイトルの付け方についてお話していきます。

 

アクセスを集める記事タイトルの付け方

アドセンスの場合、サイトタイトルまたはブログタイトルと言うのはそこまで重要じゃありません。

 

重要なのは、サイトの記事、ブログの記事のタイトルが重要なんです。

 

前回はキーワードのお話をしましたが、例えば「花火大会 関西 おすすめ」このキーワードでタイトルを考える時、ただ単に記事タイトルを「花火大会関西おすすめ」としてもブログにアクセスは集まりません。

 

アクセスを集めるためには魅力的なタイトルを付ける必要があるのです。

 

もしこのキーワードの記事が検索エンジンの1ページ目表示されていたとして

「花火大会関西おすすめ」

と言う記事タイトルと

「関西の花火大会マニアが選んだおすすめ3選!秘密の絶景スポット」

このようなタイトルがあったとします。

 

あなたならどちらに興味がありますか?

 

どちらの方が魅力的ですか?

 

おそらく後者の方ですよね。

 

このように記事タイトルの付け方1つでアクセスの集まり方には雲泥の差が出るんです。

 

考え方としては、キーワードを記事タイトルに盛り込みながら魅力的なタイトルを考えると言う事です。

 

よくある事なんですが、記事タイトルは魅力的なのに、狙ったキーワードが記事タイトル内に含まれていない残念なブログもよくあります。

 

ですので、キーワードは必ず記事タイトルに盛り込むようにしてください。

 

非常に勿体ないです。

 

本当はキーワードさえ上手く盛り込んでいれば、数千円、数万円稼げるのにキーワードが含まれていないせいで数百円…勿体ないです。

 

ぜひ、意識して記事タイトルを考えてみてください。

 

おすすめのタイトルの付け方10選

ただ魅力的な記事タイトルを考えてください、と言ってもイメージが湧きずらいと思いますので、私がいつも記事タイトルに使っているおすすめのタイトルの付け方を10タイトル紹介します。

 

質問形式のタイトル

 

「あなたは、○○と勘違いしていませんか?」

 

これは、検索エンジンで何かを調べに来た人に質問するようなタイトルの付け方です。

 

「あなたは、○○と勘違いしていませんか?実は○○はこうするんです!」

 

なんてタイトルを付けると気になってブログに訪問してくれそうですよね。

 

数字を入れて真実味を出す

 

「関西おすすめ花火大会5選!」

 

これは先述した、タイトルの付け方の短縮版ですね。

 

数字を入れるだけで興味が湧きますし

数字を入れるだけで、気になってしまいませんか?

 

5選とか7選とか言われると気になりますよね。

 

だいたい「○○5選」とか「○○の10法則」などこんな感じでタイトルを付けてください。

 

「たった1つだけ○○すれば…」こんなのもおもしろいと思います。

 

権威者や有名人を使う

 

「○○推奨の○○が簡単に作れる方法とは?」

 

○○は芸能人なんかだと、その芸能人のキーワードだけでアクセスが集まるかもしれませんね。

 

他にもスポーツ選手や、~先生などキーワードに合わせてタイトルを考えてください。

 

裏技をタイトルに使う

 

「油汚れがキレイに落ちるプロが教える裏技とは?」

 

私もそうですが、裏技系のタイトルはついついクリックしたくなります。

 

たとえ興味がなくても見たくなりませんか?

 

これが興味のある事だったらすごく見たくなりますよね。

 

ゲーム系なんかでも使いやすいタイトルの付け方です。

 

悩み解決を使う

 

「眠たくないのにあくびが出る。こんな悩みはありませんか?実は…」

 

悩みのある人なら必ずクリックしたくなるタイトルです。

 

人は悩み、コンプレックスに敏感なので上位に表示されれば物販アフィリでも稼げます。

 

口臭の原因やニキビを治す方法などネタはいっぱいあります。

 

が、物販アフィリでも使われるタイトルの付け方なのでライバルが強めの傾向があります。

 

ランキングを使う

 

「おすすめワイヤレスマウス!家電量販店の人気ランキング!」

 

「ランキング」このキーワードはかなりアクセスを集められます。

 

ただこれもライバルが強いので、慣れてからの方が良いでしょう。

 

ちなみにワイヤレスマウスは比較的ライバルが少ないキーワードですので狙い目です!

 

原因を使う

 

「腰が痛くなる○○の原因とは?」

 

~が痛くなるや、かゆくなる、などその物事には必ず原因があります。

 

そして人は原因を調べます。

 

あなたが息切れが最近ひどいなと思った時に「息切れがひどくなる?考えられる3つの原因は?」なんてタイトルがあればクリックしたくなりませんか?

 

このタイトルように数字と組み合わせればかなり魅力的な記事タイトルなります。

 

人気を使う

 

「人気」は定番です。

 

定番なのでライバルも多いですが、うまく使えば爆発的なアクセスを集められます。

 

例えば「人気映画2016おすすめの邦画ランキング」こんな感じでタイトルを付ければライバルをかなり減らせます。

 

時間を使う

 

「たった○○分で簡単に○○が出来る方法」

 

え?そんな時間で出来るの?そんなに簡単なの?と気になりませんか?

 

「たった1分で肩こりを解消する方法がスゴイ!!」

 

私ならクリックします。

 

いつからを使う

これはライバルが少ないおすすめの記事タイトルの付け方です。

 

「次回ワールドカップはいつから?開催の場所は?」こんな感じです。

 

「お盆休み2016!いつからいつまで?」こんな感じでも検索エンジンで1ページ目に表示されれば、爆発的なアクセスを見込めます。

 

終わりに

今回は記事タイトルの付かけ方についてお話しましたが、キーワードはタイトルに盛り込めば検索エンジンが拾ってくれるので安心してください。

 

たまに、キーワードだけの方がいいんじゃないですか?と質問する人がいますが、そんな事はないです。

 

キーワードを探して、魅力的なタイトルを考える。

 

これです。

 

最初のうちは今回紹介したタイトルの付け方でも十分ですが、慣れてくれば、時間と裏技を組み合わせたり、質問と数字を組み合わせてみたり、使い方は色々あるので慣れてくればぜひ挑戦してください。

 

何も難しくはありません。

 

至ってシンプルです。

 

迷った時はまた今回の記事を読んで頂ければ幸いです。

 

それでは。

 

【挫折のしようがないアフィリエイトの稼ぎ方】を
無料メール講座で公開中!!
 
メール講座お申し込みプレゼントではさらに
稼ぎが加速する限定プレゼントをお渡しします。
arw057t

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Yahoo、Gmail、Hotmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ管理人:kan(かん)
カテゴリー
よく読まれている記事
最近の投稿
メタ情報