100%なんか目指さなくていい

目安時間:約 5分

さて、今日はこれ結構悩んでる人いるだろうなぁ…
と言うお話です。

 
と言いますか、よくある質問ですね。

 
「上手な文章が書けません」

「上位表示出来るか分かりません」

「みんな知っているような事をあえて書く必要がありますか?」

「キーワードはいくつも思いつくんですけど、ライバルが強そうで書けません」

えーとですね。

 
こんな事を考えたり悩んだりするだけ時間の無駄です。

 
「上手な文章が書けません」

 
こんなの上手に書く必要なんてないですし
上手な文章ってどんな文章ですか?

 
読める文章が書ければ十分です。

 
それにですよ。

 
めちゃめちゃ上手に文章が書けた!

 
と自分だけが思っていても
検索してきた人からすれば
「普通」と思われる事も十分あり得るわけですよ。

 
それが必ず上位表示するというわけでもないですしね。

 
100%なんか目指さなくていいですし
逆に100%じゃなきゃ記事をブログに投降しないんですか?

 
って話ですよね。

 
「みんな知っているような事をあえて書く必要がありますか?」

 
これも、みんなが知っていると思っているのは本人だけで
それをみんなが知っているとは限りませんよね。

 
仮にみんなが知っている事をあえて丁寧に書けば
感謝される事って結構あります。

 
「キーワードはいくつも思いつくんですけど、ライバルが強そうで書けません」

 
キーワードがいくつも思いつくんだったら
迷わず記事を書きましょう。

 
強そうと思っているだけで
実際は弱いかもしれませんよね。

 
それにそこまでライバルチェックをしっかり
してますか?

 
上位にいる1位~10位までのサイトやブログを
隅々までチェックしてますか?

 
おそらく出来てないですよね。

 
強いか弱いかの判断はそれをしっかりしてからですよ。

 
で、出来ないなら、出来ていないなら
キーワードが思いついた時点で書いてしまいましょう。

 
これ、いくら考えても悩んでも1円のお金にもなりません。

 
自分が上手に書けなかったと思った記事でも
上位表示されることなんてしょっちゅうある事ですし
読まれることの方が多かったりします。

 
みんな知っているような事は
ライバルよりさらに丁寧に記事を書きましょう。

 
お礼のメールが届くようになります。

 
ライバルが強そうなら、そのライバルはどんなブログを運営していて
どんな記事を書いていて、記事の投稿数や
バックリンクの数などしっかり調べて、それから判断しましょう。

 
頭で考えるより、まずは手を動かすことです。

 
とりあえずやってみること。

 
それが失敗だとしても、それは無駄ではないので
その失敗を次に活かして同じ失敗を
しないようにすればいいだけです。

 
今回のような質問や相談に対しては
私はこのように回答しています。

 
100%なんか目指さなくても
50%ぐらいの気持ちでどんどん作業を進めれば
良いんですよ。

 
そうじゃないと疲れますし。

 
それでもアドセンスのブログでありながら
感謝のコメントとかメールとか来ることよくありますよ。

 
あとは共感しましたと言うメールですね。

 
実際はそんなもんです。

 
100%全力で書いた記事には
なんの反応もないなんて事はざらです。

 
自己満足でしかありません。

 
まぁこの辺はあまり悩まない方が良いです。

 
これの答えはまずやってみましょうですから。

 
気楽にいきましょう。

 

 

【挫折のしようがないアフィリエイトの稼ぎ方】を
無料メール講座で公開中!!
 
メール講座お申し込みプレゼントではさらに
稼ぎが加速する限定プレゼントをお渡しします。
arw057t

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Yahoo、Gmail、Hotmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
ブログ管理人:kan(かん)
カテゴリー
よく読まれている記事
最近の投稿
メタ情報